トップページ

    このサイトではヒュンダイの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ヒュンダイの買取相場をチェックして高い金額で買取をしてくれる買取業者に売却したい」と考えている場合はこのページで紹介しているおすすめの車買取専門店で調べてみてください。

    韓国車のヒュンダイを高価買取してもらうために大切なことは「複数の車買取会社で査定をしてもらう」ということ。1つの業者だけとか近くのディーラーで下取りをお願いしようと思っているなら明らかに損をするのでやめておきましょう。

    中古車一括査定サイトなら入力も2~3分で終わるので時間がかかりません。複数の車買取店からの査定額を比較することが可能なので、ヒュンダイ(Hyundai Motor Company)の買取額の相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サイト。中古車情報ならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知られているので安心して利用できます。
    提携業者も1000社以上と断トツの多さ!最大50社へヒュンダイの買取査定依頼ができます。

    中古車一括サービスは申し込むとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話での連絡はありません。
    その上、全国に対応していて無料。

    「ヒュンダイを少しでも高く売りたいから買取相場がいくらか知りたいけど、電話で営業されるのは…」と感じているならメール連絡で査定額の回答をしてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが大切に乗っているヒュンダイの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという業界では新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買取価格を入札していくので、韓国車のヒュンダイを高額買取してくれる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用すると複数社から見積りの電話がかかってくるのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    ヒュンダイの実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    査定も電話も1度きりで最大2000社の買取業者が入札で買取価格を表示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車査定一括サイト。1分もかからずに入力が終わりますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちのヒュンダイの買取相場ってどれくらい?」と感じているならおすすめです。

    依頼申し込み後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRIの審査を通過した優良買取業者だけが登録しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1回の査定で売ることを決定せずに、複数社に査定してもらうことで長年乗ったヒュンダイでも高額買取が実現します。

    約10社の買取業者がヒュンダイの査定額を出してくれるので、納得できる価格を提示してくれた業者にあなたが大切にしてきたヒュンダイを売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の概算価格が表示される人気の車一括査定サイト。
    提携業者は200社以上あり、最大で10社の業者が韓国車のヒュンダイを査定します。

    いくつもの車買取業者に査定の見積もりを依頼することで査定額や業者の対応の違いを比較してみることができるので、いくつかの車買取業者にお願いして長年乗ってきたヒュンダイをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、カスタマーサポートも用意されているので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように輸入車・外車専門の中古車買取の専門店。
    17年間、外車・輸入車を専門に買い取っており、年間の輸入車取扱台数は外車・輸入車だけで約1500台。もちろん、地方対応で出張査定の費用は無料です。

    外車王は外車に特化した中古車の買取業者なので、韓国車のヒュンダイなら他の買取業者より高く売却できる可能性が高いです。
    そういったこともあるので、韓国車のヒュンダイなら始めにランキング上位の中古車一括査定サービスを活用して概算買取価格をチェックしてみてください。

    複数の買取専門店に査定額を出してもらった後で、一番最後に外車王に査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い買取金額を出してくれた場合にはあなたが大切にしてきたヒュンダイを売りましょう。







    一般的に中古車の買取市場において言えることは、中規模や小規模の企業と、業界大手の企業では車を査定するときのスタンスが異なっているという点が挙げられるでしょう。

    大手の業者は中古車販売の独自のルートもありますし、資金力もありますから、ここぞとばかりに買い取りを進めていきます。

    しかし、買い取りの基準は社内規定で厳しく決められていることが多く、提示された価格に対して交渉できる可能性はあまりありません。

    大手の買い取り専門店と比較して小規模や中規模の場合は、オークションを利用して一つ一つ手売りする場合が大半なので、関わった中古自動車査定士が「これはいける」と思えばかなり見積金額が高くなる事もあり得るのです。

    車を買い取ってもらう際に起きる恐れのあるトラブルは幾つか存在しますが、トラブルの中には大変たちの悪いものもあるのです。

    見積もりを出してもらってその車の引き取りが完了した後になって、ふたたび確認したら問題になる箇所が出たなどといわれて実際の買取金額は随分低くなってしまったケースも多いのです。

    さらに悪質な業者の場合は、車だけ業者に渡すことになって、引き替えにお金が入らない場合もあるのです。

    悪質なケースに巻き込まれた場合には、すぐに最寄りの自治体などの消費者生活センターなどに相談に行かれることをお勧めします。

    車を買取店に持って行って査定してもらった時に、残念ながら買取額はつきませんと言われるケースもままあります。

    走行距離が10万キロメートル以上の「過走行車」や、破損状態が大きくて大部分を修理で治した事のある車などは買取額が出ませんと言われることがあるでしょう。

    何社か買い取りを依頼しても一様に査定金額がゼロ円だった際にも、普通の買取店舗ではない廃車専用の業者に買い取り依頼することもできますから、一概に売却を諦めてしまうこともないと言えます。

    下取りではなく中古車買取業者に車を売却する際は、一括査定サイトに見積りを申し込むと、各社一斉に電話がかかってきた経験はないでしょうか。

    実車を見ないと確実な査定額は出せないので、訪問査定に来たいという内容ばかりです。

    そういった中には断っても幾度となく電話してくるタイプの業者もいるので、迷惑だと思ったらもう売却済みですと伝えるのも得策で、こう返答するとまずかかってきません。

    でなければ、メール連絡のみで電話連絡が来ない見積サイトを使うと、こうした事態は避けられます。

    複数の中古車屋からゼロ円査定されてしまったとなると、次の選択肢は2つしかありません。

    費用を払って廃車手続きを行うか、事故車、過走行車などを専門に扱う業者に買い取ってもらうかです。

    廃車買取専門店というのは、買取後に車を売るわけではなく、使えるところは分解してでも使うというやり方で流通させるのがどちらかといえば本業です。

    そんな業態だからこそゼロ円査定されてしまった車でもそれなりの評価で値段をつけることが可能なのです。

    そのまま廃車に直行するより、こちらの方がオトクです。

    また、廃車手続きの代行も行なっています。

    売却査定において、タイヤの状態は所有者が思っているほどあまり買取り価格に響かないと考えて良いでしょう。

    けれどもスタッドレスタイヤを使用しているなら、面倒でもノーマルタイヤに戻した上で売るべきです。

    もしスタッドレスタイヤを履いた車を買い取ったら、北陸や北海道などの豪雪地域の冬ならいざ知らず、一般的には普通タイヤに交換してから販売する必要があります。

    ですから業者としてはスタッドレスは歓迎しませんし、タイヤ交換費の分を見積額から引いておくわけです。

    手元に普通タイヤがある人ならぜひ交換しておくべきです。

    年間に1万kmという数値が、自動車業界が考えている標準の走行距離になります。

    そうは言ってもこの数字は目安に過ぎず、旧型の自動車の場合には年間走行距離数はもうちょっと短くなるのが通常でしょう。

    車売却の際にはできるだけ走行距離数が短い方が加点対象になります。

    でも、機械というものは定期的に動かしていないとかえって何かしら不具合が生じやすいものなのです。

    その車の年式に対し走行距離数があまりにも短い場合には、車を査定するときに大幅にプラスにならないというのを覚えておくと良いかも知れません。

    自動車を実際に売るときには複数の書類の提出が求められます。

    そうは言っても、車に関わる書類を紛失したりせずに一箇所にまとめて保管していて、且つ結婚などによる姓の変更や引っ越しなどで住所の変更がないのであれば、新規に取得しなければいけないのは印鑑証明書だけです。

    それから、印鑑証明は所有する自動車を売却する時だけではなく買うときにも提出する必要があるので、二枚同時にまとめて取得しておくと手間がかかりません。

    発行した日から3ヶ月間は印鑑証明は有効です。

    車を売ることを思い立ったらすぐに取りに行くようにすれば、後々の契約手続きなどが滞りなく完了します。

    自分が乗っていた車を買い取りに出す場合に、査定項目の中にタイヤの溝の磨り減り具合も入っているため、タイヤの溝が磨り減っていたら減点されます。

    でも、売りに出す寸前にタイヤを新しく購入してもタイヤ購入のお金以上に加算されないので、新しくタイヤを変える必要性は皆無ですね。

    しかし、タイヤがスタッドレスの場合には、買取査定に出す前にノーマルタイヤに戻した方が賢明です。

    需要のある時期と季節が限られているスタッドレスタイヤは、減点対象になってしまうことがほとんどですから。