トップページ

    このサイトではヒュンダイの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ヒュンダイの買取相場をチェックして高い金額で買取をしてくれる買取業者に売却したい」と考えている場合はこのページで紹介しているおすすめの車買取専門店で調べてみてください。

    韓国車のヒュンダイを高価買取してもらうために大切なことは「複数の車買取会社で査定をしてもらう」ということ。1つの業者だけとか近くのディーラーで下取りをお願いしようと思っているなら明らかに損をするのでやめておきましょう。

    中古車一括査定サイトなら入力も2~3分で終わるので時間がかかりません。複数の車買取店からの査定額を比較することが可能なので、ヒュンダイ(Hyundai Motor Company)の買取額の相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サイト。中古車情報ならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知られているので安心して利用できます。
    提携業者も1000社以上と断トツの多さ!最大50社へヒュンダイの買取査定依頼ができます。

    中古車一括サービスは申し込むとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話での連絡はありません。
    その上、全国に対応していて無料。

    「ヒュンダイを少しでも高く売りたいから買取相場がいくらか知りたいけど、電話で営業されるのは…」と感じているならメール連絡で査定額の回答をしてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが大切に乗っているヒュンダイの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという業界では新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買取価格を入札していくので、韓国車のヒュンダイを高額買取してくれる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用すると複数社から見積りの電話がかかってくるのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    ヒュンダイの実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    査定も電話も1度きりで最大2000社の買取業者が入札で買取価格を表示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車査定一括サイト。1分もかからずに入力が終わりますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちのヒュンダイの買取相場ってどれくらい?」と感じているならおすすめです。

    依頼申し込み後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRIの審査を通過した優良買取業者だけが登録しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1回の査定で売ることを決定せずに、複数社に査定してもらうことで長年乗ったヒュンダイでも高額買取が実現します。

    約10社の買取業者がヒュンダイの査定額を出してくれるので、納得できる価格を提示してくれた業者にあなたが大切にしてきたヒュンダイを売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の概算価格が表示される人気の車一括査定サイト。
    提携業者は200社以上あり、最大で10社の業者が韓国車のヒュンダイを査定します。

    いくつもの車買取業者に査定の見積もりを依頼することで査定額や業者の対応の違いを比較してみることができるので、いくつかの車買取業者にお願いして長年乗ってきたヒュンダイをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、カスタマーサポートも用意されているので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように輸入車・外車専門の中古車買取の専門店。
    17年間、外車・輸入車を専門に買い取っており、年間の輸入車取扱台数は外車・輸入車だけで約1500台。もちろん、地方対応で出張査定の費用は無料です。

    外車王は外車に特化した中古車の買取業者なので、韓国車のヒュンダイなら他の買取業者より高く売却できる可能性が高いです。
    そういったこともあるので、韓国車のヒュンダイなら始めにランキング上位の中古車一括査定サービスを活用して概算買取価格をチェックしてみてください。

    複数の買取専門店に査定額を出してもらった後で、一番最後に外車王に査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い買取金額を出してくれた場合にはあなたが大切にしてきたヒュンダイを売りましょう。







    修理したことがある車を修理歴車と呼称しますが、一般的には事故車と呼んでいます。

    そしてこの修理歴車は査定額が大幅にマイナスになる元となってしまいます。

    しかし、修理したことがある全部の中古車が修理歴車として扱われるというわけではないのです。

    車の骨格に相当するところまで修理されていなければ、車体の傷やへこみを板金塗装したりドア交換したりしても修理歴車とは呼ばないのです。

    ただ、「修理歴車」として扱われなくても、以前板金などを行って修理したことがある車は査定の際にマイナスされる可能性が高いです。

    買取希望の中古車の見積額が低下してしまう要因には幾つかあるのですが、必ず大きく見積金額を下げてしまう原因になるのは、その車に修理歴があることです。

    場合により見積金額が0にまで下がってしまう時もあるのです。

    そうは言っても、事故などで修理してしまうと必ずしも「修理歴車」に分類されるという事は無く、いわゆる車の骨格にあたる部分にまで傷が広がっていて、大きな傷跡を修理して直してものを修理歴車と呼んでいるのです。

    中古車の査定価格には、車体の色もかなりの比率で関係してきます。

    白や黒は定番色で、どんな時も需要が安定しているので、査定アップの要因になる場合が多いのです。

    定番色とは逆の原色に近い赤などのボディーカラーは、中には嫌がる人もいますので、定番カラーよりも査定額がマイナスされる傾向が強いと言えるでしょう。

    しかしながら、中古車の査定価格は査定時点でのオークションの相場によりけりなので、流行があれば一定の色が査定で高値が付くことも充分考えられるのです。

    個人レベルでどれだけ頑張ろうと、車の扱いに長けた査定士からすると買取対象車の修復歴や事故歴は隠しおおせるものではありません。

    事実を隠すという行動は信頼関係を破綻させる原因として充分ですし、査定額アップの交渉なんてもってのほかでしょう。

    そして査定で申告対象となるような車の状態を隠蔽するのは保険で言えば病歴を偽って契約する告知義務違反になるわけで、内容次第では減額や返還請求といったペナルティが課されることになります。

    実際、契約書の中にもこの件に触れた文章があるはずで、言い逃れはできません。

    頼んだ買取業者のすべてからタダ同然の値段やゼロ円という査定をされてしまったら、車の持ち主がとれる行動というのは限られています。

    いずれ廃車にするつもりであと何年か乗るか、過走行車や事故車など廃車手前の車を扱っている専門業者に売却するといったところでしょう。

    過走行車廃車専門の業者は引き取った車を単体で売ることはあまりなく、分解してパーツ単位として販売するといった手法で利益を得ています。

    手間はかかりますが独自の販路を持っているがために、他社が断ったような車も相応の値段をつけられるわけです。

    廃車手続きもしてくれるので、ダメ元で問い合わせてみるのもアリでしょう。

    車を売ろうと思ったら、業者から見積りをとることが第一歩です。

    ネットでも査定額を知ることができるサービスが存在しますが、それは簡易査定ですので、現物を見た上で買取り価格が算出されます。

    納得がいかなければ断っても構いませんし、それで良いと思ったら言われた書類を整え、正式契約に至ります。

    それから業者から派遣された運転手が車を引取りに来たり、名義変更などの一連の手続きを経て売主の口座に買取代金が振り込まれ、あとは何もする必要がありません。

    手続き完了です。

    当然かもしれませんが、自動車を欲しがる人が多数いる季節の方が、売る方からみても高く売れる好機であることに間違いありません。

    自動車購入の需要が高ければその分供給しなければならず、買取価格は自然と上がります。

    一般的に会社の決算月である3月と9月は他の月よりも中古車販売店は売ることを重要視しますから、交渉次第では買取額がアップする可能性が高いのです。

    9月は決算月であることに加えて、夏のボーナスが出ていることもあり車を買う人が多くなる時期ですから、中古車を手放すのにも適した時期となります。

    買取業者に車を売る際の手続きを具体的にあげると以下の通りです。

    初めにネットの一括査定サイトを活用して、実車査定なしの簡易査定額を算出してもらいます。

    それから現物を業者から派遣された査定士が判定し、車の状態に応じた査定額が決まります。

    思ったより低い額なら断って別の業者に来てもらうこともできますが、いずれにせよOKなら正式に契約します。

    その後、対象となる車を業者が取りに来て、移転登録等の手続きが終わってから売主の口座に売却代金の振込があります。

    車を売ろうとする場合には、買取業者に売ることと、第二にディーラーに下取りしてもらう方法があり、また自分でオークションに出品する方法もあるのです。

    自動車オークションに自分で出す場合には、売却予定車の写真や状態を説明する文章などをできるだけハッキリと分かりやすく掲載することが後々起こるかも知れない面倒なトラブルを避けることになります。

    さらに言えば、売却が成立してしまう前にその自動車の現物を観察してもらうことは重要です。

    これら以外で自分が重要だと感じたことは、念書形式できちんと紙にしたため、署名捺印をして双方で保管するようにすれば後々トラブルになる心配はなくなりますね。